みなさん、こんにちは!
とりアート中部支局です。


「メイン事業『八賢伝』を広く周知すべし!」という特殊任務のもと、4月からいろいろなイベントや祭りに押しかけ、PRしてきた『チーム八賢伝』。

その任務もいよいよ大詰めを迎え、今回は、9月4日に開催された、里見忠義公と八賢士所縁の2つのイベント「倉吉里見時代行列」と「倉吉せきがね里見まつり」に出向きました。


「倉吉里見時代行列」は、手作りの甲冑を身にまとった里見忠義公と家臣達が、墓所である倉吉市内の大岳院から、終焉の地の関金町山守までねり歩く行列です。

この甲冑、なんと厚紙でできているんですが、言われなければ分からない程の完成度の高さ!で、千葉県・館山の手作り甲冑の伝承を受け、倉吉でも作られるようになったものです。


倉吉の街が戦国時代に束の間のタイムスリップです。

404 File Not Found




そして、その日の午後からは、会場を里見氏終焉の地である関金町の山守小学校に移して、「倉吉せきがね里見まつり」が開催されました。


この「倉吉せきがね里見まつり」は、その名のとおり“里見忠義公と八賢士”を偲んで行われている祭りで、今年で26回目を迎えた、伝統のあるお祭です。

我々「チーム八賢伝」も、“ここでPRしなきゃ、どこでPRするんだっ!”と気合十分で関金へ向かいました。


プログラムも打吹童子ばやしさんによる「新・八犬伝」の演奏や、忠義公と八賢士の最後をテーマとした、関金の住民の皆さんによる「ドラマ・リーディング」、山守小学校の5、6年生による「関金子供歌舞伎・里見八犬士堀村館勢揃いの場」など、まさに里見一色の内容で、この里見物語が、地元の歴史財産として受け継がれていることがよく分かるお祭りでした。

我々「チーム八賢伝」も、会場内でのチラシ配りやステージ上でのPRなど、有意義なひと時を過ごすことが出来ました。







さぁ、いよいよ佳境に突入です!

— posted by admin at 12:25 pm  

みなさん、こんにちは!
中部支局です。

今年の中部地区事業は10月15日(土)、16日(日)に倉吉未来中心で開催されます。

16日(日)にはメイン事業「八賢伝」の公演を控えており、
中部地区企画運営委員会では「チーム八賢伝」というPR隊を結成し、PR活動を行っています。

活動内容としては、主に中部地区内で開催されるイベントなどに参加して八賢伝のPRを行っています。
今夏は、八賢伝ノベルティグッズ “通称:八賢伝うちわ” を作成し、夏祭りなどで配布を行ってきました。

そういえば夏祭りで、八賢伝のうちわを貰ったぞ!
という方も、中にはいらっしゃるかもしれませんね。



さて、そんなチーム八賢伝ですが、
21日(日)には北栄砂丘まつりに行ってきました。


          その時の様子がこちら↓
1IMG_2986


IMG_2991


前日の夜から降り続いた雨が心配でしたが、午後からはすっかり晴れて、楽しそうなみなさんの笑顔を見ることが出来てよかったです。




そして同日。
とりぎんバードスタジアムにもチーム八賢伝が出陣し、PRさせていただきました。

ガイナーレ鳥取 VS 横浜FC。

その日は倉吉市ホームタウンデーで、
せきがね里見まつりのPRをされるということで、チーム八賢伝もご一緒させていただいたのです。


          その時の様子がこちら↓
P1030768


404 File Not Found

結果は0-1で敗戦でしたが、入場者は今季最多の8,212名だったということで、多くの方に「八賢伝」に触れていただけたのではないかな~と思います。


次回は9月4日(日)の「せきがね里見まつり」に参加させていただく予定です!
またこちらでご報告しますので、よろしくお願いします♪

— posted by admin at 11:18 am  

皆さん今年の夏はどうすごされましたか?
私は街の中をキョロキョロしながら歩いていました。

こう書くと、とても挙動不審なひとみたいですが、違います。

実はとりアートの総合ポスターが8月の上旬から、県内の各所に張り出され始めています。
そこで、担当者の私としては、各所に発送したポスターが実際に掲示してあるかどうかが気になって、キョロキョロしながら「貼ってあったー」と街中を歩いておりました。(やはり変な人かもしれません。)

貴重なスペースを空けていただき、ポスターを貼っていただいた掲示先各所の皆さまには感謝しております。誠にありがとうございます。

今年の総合ポスターのコンセプトは「とっとり、アート、ハッケン伝。」のコピーで、身近にある文化やアートについて考え、文化って大事だよなあ、と発見や探しに来てもらうようなメッセージを含んでいます。

あっ、あと、「ハッケン伝」と、メイン事業の「八賢伝Link 」(こちらは「はちけんでん」と読みます。)とかけています。(笑)

そして、今年度も各地区ごとに特色のある3種類のデザインを作成しています。各地区毎に紹介しますと、

<東部地区>「聴」いてハッケン!
仁風閣をバックに鳥取市の徳持耕一郎さんの鉄筋彫刻作品を、楽器を持ったジャズの演奏者がぐるりと囲んで、野外ライブの様子を演出しています。
東部地区撮影



<中部地区>「伝」えてハッケン!!
倉吉未来中心をバックに、若い人にメイン事業「八賢伝」を言い伝えている様子を落語調に演出しています。
中部
中部地区撮影


<西部地区>「見」てハッケン!!
米子コンベンションセンターをバックに、双眼鏡を持ったモデルが、探して見つけた(これから見つける)様子を演出しています。
西部地区撮影



なお、とりアートの総合ポスターは、県内文化施設、コンビニ(ポプラ、ファミリーマート等)、量販店、書店(今井書店、ブックセンターコスモ等)、公民館等に掲示しています。皆さまもぜひ3種類のポスターを「ハッケン」してください。

— posted by admin at 02:24 pm  

とりアート通信は、皆さまにもっと「とりアート」の魅力を知っていただきたい!との目的で、昨年から発行しています。

今年は第1号となる8月号を7月26日に発行しました。
サイズが大きくなるなど、昨年よりバージョンアップしていますので、ぜひご愛読ください。

さて、8月号の内容ですが、特集記事として、10月16日(日)に倉吉未来中心で行われるメイン事業「八賢伝」の原作台本と出演の二役を担う尾上貴尉さんに作品にかける意気込みをインタビューしました。

そのほかにも、各地区事業のニュースや、読んで思わず「へーっ」となる「八賢伝」のミニコラムなど楽しい記事が満載です。

そして、今年のとりアート通信の目玉は「読者プレゼント!!」。
8月号は「八賢伝」ゆかりの地である、倉吉市関金町の逸品、「せきがねハム」商品詰め合わせです。
皆さまのご応募をお待ちしております。

とりアート通信8月号は、県内の文化施設、コンビニ、カフェ、公民館などに配布しておりますので、この表紙を見かけたら、ぜひ手にとってご一読ください。

(とりアート通信8月号は以下のリンクからも見ることができます。)
http://www.artsfriend.com/toriart/index.php?view=5227Link Link

とりアート通信8月号表紙
とりアート通信8月号の表紙


— posted by admin at 10:02 am