こんにちは! とりアート事務局です。
 只今、新生とりアートの委員大・大・大募集中ですが、とりアートの各部会等でどんなことができるのか、わかりにくいというお問いあわせにお答えします。

 「地区企画運営委員会」ではどのような活動をするのでしょうか。
  今年度、地区企画運営委員を務めた一人に話を聞いてみました。
 
[Q1] 
 任期は3年ですが、学業の関係で2年程度しかできないかもしれませんが・・・。
[A1] 
 可能な期間でかまいません。事情によって中途の退任も可能です。(事務局注:これは他の部会でも同じです。)

[Q2] 
 地区委員会って年12回程度会議があるらしいですが、毎月1回なんでしょうか。
[A2] 
 東部地区では地区イベントが開催されるまで(4~11月)の間に12回開催されました。最初の1、2回で事業実施のためのコンセプトや体制づくり、次に公募企画内容の検討を行いました。
 企画が固まってくると、次は実行に向けて動き出します。会場の配置やインスタレーションの具体的な検討、公募企画の審査や広報物の作成、オープンスペースステージのタイムスケジュール作成、ワークショップや展示の部屋割り・配置の検討、飲食関係の出店依頼などなど・・・・ここでは書ききれません。
 もっと実施が近くなってくると、インスタレーションの装飾物など色々なものを制作したり、プレイベントも実施します。
      
[Q3]
 委員会は、何曜日の何時からありましたか。
[A3]
 今年度は平日の夕方7時から2時間程度開かれていました。
  
[Q4]
 土日に開いて欲しいのですが。
[A4]
 委員会の開催日は、委員の皆さんが話し合って集まりやすい日にあわせて開催しますので、事務局に言っておきます。
  
[Q5]
 委員会は常に全体で動くのですか?
[A5]
 いいえ、部会制をとっているので、広報を行う広報部会、ステージのタイムスケジュール作成や、出演者との調整などを行うステージ部会、ワークショップ担当のワークショップ部会、食コーナーを担当する食部会などに分かれてそれぞれで動きます。また、全体はアートマネージャーが総括します。

[Q6] 
 んっ?アートマネージャーって何ですか?
[A6] 
 アートマネージャーは地区事業を円滑に行い、皆さんに楽しんでいただくため、全体を見ながら事業をコーディネートし各部会間を調整する人です。一番おもしろいと思います。一番大変そうですが(笑)

[Q7]
 個人的に委員をやって良かったこと、大変だったことなどをこっそり教えてください。
[A7]
 良かったことは、一つの文化芸術イベントの企画から実施まで、一連の流れについて勉強できたことです。個人的にはやらかした(^_^;)こともありましたが、イベント当日は事故もなく、多くの方にお越しいただけ、楽しく充実した活動ができました。それから何といっても多くの方との出会いですね。
 大変だったのは、私の家庭では子どもを風呂に入れるのが私の役目だったので、委員会の日には、仕事が終わったらすぐ家に帰って、子どもを風呂に入れた後、ダッシュで委員会に出席していたことです。
(委員会では私の頭から湯気が出ていたかもしれません。)

 ======================

 年間の会議回数は12回程度、他に仕事などがあっても活動ができる想定で、このたびの募集を行っております。

 委員募集の締め切りは3月9日(金)です。そろそろ期限が近づいてきました。
 多くの方のご応募を心よりお待ちしています!!!
 
 

— posted by admin at 06:09 pm  

 こんにちは! とりアート事務局です。
 只今、新生とりアートの委員大・大・大募集中ですが、とりアートの各部会等でどんなことができるのか、わかりにくいというお問いあわせにお答えします。
 
 今回は、とりアートの第一の目標、「誰もが気軽に芸術文化に触れ、楽しむ機会の提供」をする事業「各地区企画運営事業」を行う「地区企画運営委員会」です。

 それでは、東・中・西部の各地区企画運営事業は、どのような事業を行うのでしょう?
 地区事業は、各地区ごとに事業テーマを決定し、それに基づいた企画を公募します。それを文化活動者や、市町村、まちづくり団体等との協働により様々な場所でにぎわいを作りながら実施する事業です。
 
 それを成功させるためには、会場のレイアウト、導線、一人でも多くの人に一つでも多く見ていただくための工夫等があり、それはそれは熱い議論を重ねていただきます。

 当日ご来場いただいた方、誠にありがとうございました。m(_ _)m 以下は今年度の様子です。

【中部会場(8,679人参加)】   
 ○10月15日(土)・16日(日) 倉吉未来中心 
 ○「ええじゃないか!中部~未来を奏でる文化のまーち~」をテーマに少年少女合唱団コンサート、和紙で制作された里見八賢士像の展示などを実施しました。
次世代コンサート
中部地区事業の様子:次世代コンサート

※動画が見られます。以下のリンクをクリック!(下部の「過去のライブ」からご覧ください。)
http://www.ustream.tv/channel/toria2011tubeLink Link

【西部会場(7,410人参加)】
 ○10月22日(土)・23日(日) 米子コンベンションセンター、米子市公会堂 ほか 
 ○『いつもの「まち」で「文化」する!~きらめき~』をテーマに、よなご映像フェスティバル、ダンスコンテスト、公会堂前でのコンサートなどを実施しました。
書道パフォーマンス
西部地区事業の様子:米子市公会堂前での書道パフォーマンス


【東部会場(4,854人参加)】
 ○11月12日(土)・13日(日) とりぎん文化会館
 ○「因幡にぎや街道2011~アートはじける、ハートつながる!~」をテーマに、コンサート「音楽の喫茶店」、ダンスとファッション、ヘアメイクのコラボショーなどを実施しました。
ミニ砂像づくり
東部地区事業の様子:ミニ砂像づくりワークショップ


では、この委員会の様子については、次回で詳しくお話しします。

(とりアート委員募集ページはこちらから)
http://www.artsfriend.com/toriart/index.php?view=5397Link

— posted by admin at 05:13 pm  

 さて、具体的に広報部会では、どのようなことをするのでしょうか。

(広報部会の主な活動について)
○広報計画の作成
 まず、誰をターゲットに、いつ、どのような方法で、そしてそもそも何を伝えるかという、広報計画を立てます。
 ポスター、チラシなどの紙媒体やWeb、PRイベントなど様々な方法があると思います。
 みなさんのアイデアと根気が頼りです。

○広報の実施
 広報計画にそって、実際の広報を行います。デザインやPRイベントの企画、当日の運営 etc……。
 PRイベント等の際には必要に応じて他の部会や地区委員の皆さまと協力して楽しくやりましょう。

 広報についての知識や、ノウハウのある人、広報なんかしたことはないけど、興味があるという人も大歓迎です。

 年間の会議回数は7回程度、他に仕事などがあっても活動ができる想定で、このたびの募集を行っております。

 ぜひ、ご応募をお待ちしています!!!
 次回は地区企画運営委員会について説明します。

(とりアート委員募集ページはこちらから:D
http://www.artsfriend.com/toriart/index.php?view=5397Link Link

— posted by admin at 03:18 pm  

 こんにちは!とりアート事務局です。

 今回は、広報部会についてです。

 昨年、様々なホールやコンビニなどで、とりアートのポスターや、チラシをみかけられたとおもいます。
とりアートポスター
とりアートポスター

とりアート通信
チラシ(とりアート通信)


 これらのデザインや、記事の内容については、広報部会で協議を重ねて制作しました。外注したものではありません。

 また、こんなものも作っています。

 (動画リンク又は埋め込み)
 
 ご覧になっている、このホームページも広報部会で検討したものです。

 このように広報部会は、とりアートと県民の皆さんをつないでいく、とても重要な活動を行う場所です。
 まだまだ知名度を高めて行きたいので、みなさまのアイデアを貸してください。

 広報部会の主な活動内容については、次回で詳しくお話しします。

(とりアート委員募集ページはこちらから:)
http://www.artsfriend.com/toriart/index.php?view=5397Link Link

— posted by admin at 05:12 pm  

 こんにちは!とりアート事務局です。

 前回、人材育成事業はとりアートの目的そのもので、とても重要な事業であるというお話をさせていただきました。しかし、だからといって難しく考えていただく必要はありません。こんなワークショップがあったらいいのに、あの人の講習を受けたいと思っている方、あなたのお知恵を貸してください!

(人材育成部会の主な活動について)
○人材育成・活用プランの作成
 とりアートを開催するにあたって、どのような人材が必要で、その人材にふさわしい育成の方法やどのような順序で育成をおこなっていくかについて調査や協議を行い、人材育成プランを作成します。また、育てた人材をどこでどう活用するのかというプランも合わせて検討します。

○研修会・ワークショップ・個別指導等の実施
 作成した人材育成プランをもとに、座学から実践まで様々な手法での人材育成を実施します。県外から講師を招いたり、委員自らが指導を行うことも可能です。

○中高生を中心とする若年層が行う文化活動への支援
 将来の文化芸術の担い手である、若年層への支援。たとえば中高生の文化部の部活が円滑に行えるような支援や小学校への出前講座などが考えられます。

 この部会では、若年層や鑑賞者など、これからの鳥取県の文化芸術活動を支える人材を育てるという壮大な活動ができます。

 年間の会議回数は10回程度、他に仕事などがあっても活動ができる想定で、このたびの募集を行っております。

 ぜひ、ご応募をお待ちしています!!!
 次回は広報部会について説明します。

(とりアート委員募集ページ)
http://www.artsfriend.com/toriart/index.php?view=5397Link Link

— posted by admin at 10:08 am