こんにちは! とりアート事務局です。
 只今、新生とりアートの委員大・大・大募集中ですが、とりアートの各部会等でどんなことができるのか、わかりにくいというお問いあわせにお答えします。

 「地区企画運営委員会」ではどのような活動をするのでしょうか。
  今年度、地区企画運営委員を務めた一人に話を聞いてみました。
 
[Q1] 
 任期は3年ですが、学業の関係で2年程度しかできないかもしれませんが・・・。
[A1] 
 可能な期間でかまいません。事情によって中途の退任も可能です。(事務局注:これは他の部会でも同じです。)

[Q2] 
 地区委員会って年12回程度会議があるらしいですが、毎月1回なんでしょうか。
[A2] 
 東部地区では地区イベントが開催されるまで(4~11月)の間に12回開催されました。最初の1、2回で事業実施のためのコンセプトや体制づくり、次に公募企画内容の検討を行いました。
 企画が固まってくると、次は実行に向けて動き出します。会場の配置やインスタレーションの具体的な検討、公募企画の審査や広報物の作成、オープンスペースステージのタイムスケジュール作成、ワークショップや展示の部屋割り・配置の検討、飲食関係の出店依頼などなど・・・・ここでは書ききれません。
 もっと実施が近くなってくると、インスタレーションの装飾物など色々なものを制作したり、プレイベントも実施します。
      
[Q3]
 委員会は、何曜日の何時からありましたか。
[A3]
 今年度は平日の夕方7時から2時間程度開かれていました。
  
[Q4]
 土日に開いて欲しいのですが。
[A4]
 委員会の開催日は、委員の皆さんが話し合って集まりやすい日にあわせて開催しますので、事務局に言っておきます。
  
[Q5]
 委員会は常に全体で動くのですか?
[A5]
 いいえ、部会制をとっているので、広報を行う広報部会、ステージのタイムスケジュール作成や、出演者との調整などを行うステージ部会、ワークショップ担当のワークショップ部会、食コーナーを担当する食部会などに分かれてそれぞれで動きます。また、全体はアートマネージャーが総括します。

[Q6] 
 んっ?アートマネージャーって何ですか?
[A6] 
 アートマネージャーは地区事業を円滑に行い、皆さんに楽しんでいただくため、全体を見ながら事業をコーディネートし各部会間を調整する人です。一番おもしろいと思います。一番大変そうですが(笑)

[Q7]
 個人的に委員をやって良かったこと、大変だったことなどをこっそり教えてください。
[A7]
 良かったことは、一つの文化芸術イベントの企画から実施まで、一連の流れについて勉強できたことです。個人的にはやらかした(^_^;)こともありましたが、イベント当日は事故もなく、多くの方にお越しいただけ、楽しく充実した活動ができました。それから何といっても多くの方との出会いですね。
 大変だったのは、私の家庭では子どもを風呂に入れるのが私の役目だったので、委員会の日には、仕事が終わったらすぐ家に帰って、子どもを風呂に入れた後、ダッシュで委員会に出席していたことです。
(委員会では私の頭から湯気が出ていたかもしれません。)

 ======================

 年間の会議回数は12回程度、他に仕事などがあっても活動ができる想定で、このたびの募集を行っております。

 委員募集の締め切りは3月9日(金)です。そろそろ期限が近づいてきました。
 多くの方のご応募を心よりお待ちしています!!!
 
 

— posted by admin at 06:09 pm