トップページ > とりアート2019西部地区イベント > 【西部地区イベント】公募企画 参画者を募集します! ※募集は終了しました。

【西部地区イベント】公募企画 参画者を募集します! ※募集は終了しました。

「いつものまちで文化する」をコンセプトに様々な文化芸術が集まる祭典を米子市で開催します。文化芸術に関わるプログラム(企画)を西部地区企画運営委員会と一緒に創り上げ、実施していただける方を募集します!

応募締切
2019年8月8日(木)必着













~第17回とりアート西部地区イベントテーマ~

   「こどもと一緒にアートしよ!」

第16回に引き続き、今回も同じテーマで開催します。求める企画は”こども向け”アートではありません。まずは、大人がやってみたい、大人が楽しいと思えることが第一です。そして、こどもが一緒になって楽しめる、そんな企画を募集します。大人が笑顔で楽しんでいれば、こどもたちも安心して楽しめると思います。いつもの日常の中でせわ(忙)しなく過ぎていく時間に、時には眉間にシワを寄せている姿も、大人のある意味特権だと思います。でもそんな大人も以前はこどもだったのだから、あの頃の笑顔は今だって健在であり、こどもと一緒に笑っていたいと思います。アートは、時を忘れて、立場を忘れて、自分自身を解放してくれる、そんな可能性を持っていると信じているから、そして、こどもと一緒にアートを通して、こどもたちの素直な感性に触れ、ワクワクする心を増幅してくれると思います。だからテーマは「こどもと一緒に」なのです。
主役は、こどもと一緒に楽しむ大人です!そんなテーマの企画を、西部地区企画運営委員会と一緒に創り上げていきませんか?

募集要項

■応募条件
とりアートの主旨に賛同し、テーマに沿った企画内容を立案できる方。そして、『企画委員会※』に参加し、西部地区企画運営委員会と共に協議しながら準備と当日実施ができる方。
(※企画委員会については別途記載を参照下さい)


■応募資格
鳥取県在住・出身の個人または団体でとりアートの主旨に賛同し、出演だけではなく、運営・集客などにも積極的に関わっていただける方。

■募集数
若干数(ジャンル不問)

■実施日時
2019年11月30日(土)10:00~16:00(予定)
201912月1日(日)10:00~16:00(予定)

■実施会場
米子市児童文化センター(米子市西町133)

■選考方法
応募書類・デモ・サンプル(映像・音源・写真、展示の場合はポートフォリオ等)、及びヒアリング会での聞き取りによる選考を行い、西部地区企画運営委員会選考会(8月下旬予定)において決定します。

■選考結果について
選考結果については企画者に文書での通知、および公式ホームページ上での公開とし、電話等での問合せには応じません。

■応募方法
「応募用紙」及び企画内容に係る「デモ・サンプル(映像・音源・写真、展示の場合はポートフォリオ等)」を「お申込み先」へ郵送・Eメールでお送りいただくか直接ご持参ください。

※審査状況に応じて追加資料をご提出いただく場合がございます。
※応募用紙の記載方法にご不明な点がある場合は、「事前説明会・個別相談会」にご参加いただくか、「お問合せ先」までご相談ください。

※応募用紙はページ下部よりダウンロードできます。
※郵送・Eメールの場合は、こちらから折り返し連絡し、正式受付になります。


■助成金
上限5万円の助成金の申請が可能です。
(必要経費-参加料などの収入=上限5万円)

※本事業の実施にかかる予算の範囲で助成するため、5万円の上限に達していなくても希望額の金額を交付できない場合があります。
※初めて応募をご検討されている方は、「事前説明会・個別相談会」で説明します。

助成対象経費 :印刷代、消耗品代、機材運搬費、講師謝金、当日の交通費実費、クリーニング
代、使用料及び賃借料

助成対象外経費:食糧費、申請者自らへの支払い経費、日頃の活動費(練習等経費)、備品購入


※助成対象経費、助成対象外経費について、ご不明点等ございましたら、お気軽に「お問合せ先」までご連絡ください。

■応募締切
 2019年8月8日(木)必着

■その他・留意事項
※”みんなでつくる「とりアート」”としており、集客のための広報のご協力、出演日当日または出演日以外のお手伝い(準備・片付け)をしていただきます。

※会場施設の関係上、実施場所、ステージ(舞台)・照明・音響設備の準備にかなりの制約を見込んでいます。そのため、採択後に行われる「企画委員会」には必ずご参加いただき、委員会の中で、実施日時・設備内容について協議し決定していきます。選考に当たって行われる「ヒアリング会」では、企画内容とともに、当日の実施イメージなどもお聞かせください。

■事前説明会・個別相談会(参加任意)
イベント開催概要、応募用紙の記載方法、助成金の申請方法等についての事前説明会を開催します。事前説明会終了後に個別の相談会(企画内容等)も併せて開催します。どちらも参加は任意ですが、初参加の方や企画書の書き方が分からない方は、企画書作成のお手伝いをしますので、ぜひご参加ください。(ただし、応募が通らない場合があることをご承知おきください。)参加希望者は、下記日程のいずれかにご参加ください。参加希望日の当日15時までに「お問合せ先」までご連絡ください。

[日時]
7月10日(水)18:30~ 会場 米子市文化ホール 研修室1
7月12日(金)18:30~ 会場 米子市文化ホール 研修室1


■ヒアリング会(参加必須)いずれか1日にご参加ください。
ご提出いただいた書類を元に、直接応募者の方と、記載しきれなかった内容についてもお聞かせいただき、選考の参考にしたいと思います。

[日時]
8月21日(水)18:30~ 会場 米子市児童文化センター(予定)
8月22日(木)18:30~ 会場 米子市児童文化センター(予定)


■選考決定後は、企画委員会への参加が必須となります。
企画委員会(目安として、1~2回/月を予定)とは、とりアートの本番に向けて、一体となったイベントを創出するため、今年度より公募企画事業実施者(団体)の方にも参加いただき、応募内容についての協議、他企画との調整(実施日時・内容)、広報方法など、当日に関わる運営について一緒に検討していただくために設けました。

■お申込み・お問合せ先
鳥取県総合芸術文化祭実行委員会事務局 西部支局
(アルテプラザ/公益財団法人鳥取県文化振興財団西部事務所内)
〒683-8510 米子市西福原2-1-10(米子天満屋4階)
TEL:0859-38-5127 FAX:0859-38-5128 E-mail:seibu@torikenmin.jp

~とりアート西部地区イベントについて~

 鳥取県総合芸術文化祭(愛称:とりアート※)は、2002年に鳥取県で開催された「国民文化祭」の精神を継承し、発展させるために、県民に多様な文化芸術を提供することを目的として2003年に第1回が開催されました。2011年には「とりアート構想」が制定され、さらに県民の方々に文化芸術の機会を提供していく事業として進められています。
とりアートにはいくつかの事業があり、この“西部地区イベント”も、その事業のひとつである「各地区企画運営事業」の県西部エリアを対象地域とした地区イベントです。(各事業の詳細はホームページをご覧ください。)
 西部地区企画運営委員会では第5回より「いつものまちで文化する!」を地区事業コンセプトとして設定し、地域のみなさんが普段生活している“いつものまち”で、誰もが気軽に文化や芸術(Art)に触れることができる環境づくりと、それに伴って“いつもの暮らし”がより豊かになることを目指して活動して参りました。その目標の実現のため、毎年度様々な試みを行っています。
大ホールを使った、多種多様な企画を混在した文化祭のようなイベントから、とっとり花回廊や日野、そして境港など、地域全体で、そこに暮らす人々へ文化芸術に触れる機会の提供を目指した巡回型イベント、そして、昨年度からは、裾野の拡大と次世代
の人材育成を目的とした、文化芸術の広がりを目指したイベントを実施しています。いずれのスタイルも継続中です。
 なお、このイベントの運営は実行委員会制をとり、一般の県民から公募で集まった、前出の「(西部地区)企画運営委員会(3年任期)」が企画から運営を行っています。
今回募集をいたします「公募企画事業」は、直接委員会が企画・運営をしている「自主企画事業」と共に、とりアートの目指す裾野の拡大の具体的行動として、地区イベントを構成する企画となるものです。普段、西部地区エリアで行われている各種文化芸術活動をしている団体・個人の方を対象とし、普段の活動の発表にとどまらず、もう1歩踏み込んだ挑戦的・実験的要素を入れた企画や、イベントに参加する他団体との交流を通じて、更なる発展を期待する事業としています。
そして、昨年度まではみなさんから企画を応募いただき、イベント当日に向けて各参加団体に準備をいただき、委員会としては実施の場を提供しておりましたが、今年度からは、私たち企画運営委員会も一歩踏み込み、来場される方々が、2日間を通して、自主・公募の隔たりなく一体としてとりアートを楽しんでいただけるように、応募いただいた企画を準備段階から一緒に関わらせていただき、とりアートを一緒に創り上げていきたいと思います。
 最後に、今年度も再び会場は「米子市児童文化センター」です。一般的にはこどもを対象とした施設と捉えられていると思います。しかしそれは既成概念でしかなく、視点を変えればいろんな可能性があると思います。それを求めていくことが「アート」となっていくのではないでしょうか?
 今回は米子市児童文化センターがもつ施設のポテンシャルを引き出していきたいと思います。そのために、アーティストの方々に参加をお願いして、自主企画事業を先行して創っています。どれもワクワクするような企画になることは間違いありません。目指すは「アートを楽しむ日常」です。
アーティストの創造性に触れながら、みなさんの可能性も、このとりアートを通して広げていってください!
※愛称活用は第6回より

鳥取県総合芸術文化祭
西部地区企画運営委員会


チラシ表(PDF) [pdf:926KB]
チラシ裏(PDF) [pdf:447KB]
応募用紙(PDF) [pdf:210KB]