トップページ > とりアート2018西部地区イベント > 【西部地区イベント】公募企画 参加者を募集します!

【西部地区イベント】公募企画 参加者を募集します!

「いつものまちで文化する」をコンセプトに様々な文化芸術が集まる祭典を米子市で開催します。文化芸術に関わるプログラムを企画・実施いただける方を大募集!
文化芸術の楽しさを伝え、このまちの文化・芸術を盛り上げ、沢山の地域の参加者とアートで楽しむ2日間にしましょう!


応募締切
2018年6月30日(土)必着

~第16回とりアート西部地区イベントテーマ~


「こどもと一緒にアートしよ!」


アートが持つ可能性、こどもが感じる感性、日常の中の忙しさに置き去りにされてしまう気持ちの良い刺激は、アートとこどもが与えてくれます。テーマは「こどもと一緒にアートしよ!」ですが、それは決してこどもを対象としたものではありません。こどもと一緒にアートをするのです。親子も、夫婦もシングルも、大きなこどもも小さなこどもも、誰もが一緒になって、アートの持つ可能性を一緒に楽しみましょう。単純に、純粋に、一緒に楽しめる文化祭をつくりませんか?あなたのその企画、私たち”とりアート”と一緒につくりましょう!

募集要項

■募集内容
会場の”米子市児童文化センターとその周辺(※1)”で”こどもと一緒に”楽しめる「音楽」「演劇」「ダンス」などのパフォーマンス(※2)から、「美術」「工芸」「写真」「映像」などの展示やワークショップなど、ジャンルを問わずユニークな企画を募集します。

■応募条件
とりアート主旨に賛同し、テーマに沿った企画内容を立案・実施できる方。

■応募資格
鳥取県在住・出身の個人または団体で、出演だけではなく、運営・集客なども積極的に関わっていただける方。

■募集数
5団体程度(ジャンル不問)※申込状況によって調整します。

■実施日時
2018年9月22日(土)10:00~16:00(予定)
◎◎◎◎◎9月23日(日)10:00~16:00(予定)


■実施会場
米子市児童文化センターとその周辺

■選考方法
応募書類・デモ・サンプルによる選考を行います。(7月中旬予定)

■選考結果について
選考結果については企画者に文書での通知および公式ホームページ上での公開とし、電話等での問合せには応じません。

■応募方法
「応募用紙」及び企画内容に係る「デモ・サンプル(映像・音源・写真、展示の場合はポートフォリオ等)」を「事務局」へ郵送・Eメールでお送りいただくか直接、ご持参ください。
※審査状況に応じて追加資料をご提出いただく場合がございます。
※応募用紙の記載方法に不明な点がある場合は、「事前説明会・個別相談会」にご参加、又は「事務局」までご相談ください。

■助成金
上限5万円の助成金の申請が可能です。
(必要経費-参加料などの収入=上限5万円)
※初めて応募をご検討されている方は、「事前説明会・個別相談会」で説明します。(参加は必須ではありません。)


助成対象経費 :印刷代、消耗品代、機材運搬費、講師謝金、当日の交通費実費、クリーニング
◎◎◎◎◎◎◎◎代、使用料及び賃借料


助成対象外経費:食糧費、申請者自らへの支払い経費、日頃の活動費(練習等経費)、備品購入
◎◎◎◎◎◎◎◎


※助成対象経費、助成対象外経費について、ご不明点等ございましたら、お気軽に事務局までご連絡ください。

※応募用紙はページ下部よりダウンロードできます。
※郵送・Eメールの場合は、こちらから折り返し連絡し、正式受付になります。


■留意事項
◎「運営委員会(参加者説明会:8月中旬、全体説明会:9月中旬)」への参加が必須となります。
◎”みんなでつくる「とりアート」”ということで、集客のための広報のご協力、出演当日または出演日以外のお手伝い(準備、片付け等)をしていただきます。
◎初参加の方や企画書の書き方がわからない方・苦手な方は、「事前説明会・個別相談会」で企画書作成のお手伝いをしますので、できるだけ参加してください。
(ただし、応募が通らない場合があることをご承知おきください。)


■応募締切
2018年6月30日(土)必着

※1  ”その周辺”とは、錦公演(湊山公園)、城山を指します。周辺を含める意図は、米子市児童文化センターの立地を活かして、外部環境と一体的な企画の創出にあります。なお、周辺での実施を企画される方は、基本的にご自身での会場準備・管理をお願いいたします。運営委員会(以下、主催者)からのスタッフ応援も予定しておりますが、人員に限りがありますので、ご希望通りのお手伝いはできかねます。なお、場所によって管轄機関が異なりますので、使用手続きは主催者が行いますが、ただし、使用許可が下りない場合もあります。この点をご承知おきいただいた上でご応募ください。

※2 例年は、よりよい「パフォーマンス」の披露ができるように、ステージ(舞台)及び照明・音響設備を準備しておりますが、会場の関係で、今年度はその予定はありませんことをご了承下さい。今年の意図として、観る・観られる関係ではなく、より身近に一緒に楽しむパフォーマンスを期待しております。そのため「パフォーマンス」の披露に必要な設備は、基本的には各自持込みをお願いさせていただく予定です。主催者は、電源等の設備等可能な範囲で準備予定です。

■事前説明会・個別相談会(参加任意)
イベント開催概要、応募用紙の記載方法、助成金の申請方法等についての事前説明会を開催します。事前説明会終了後に個別の相談会(企画内容等)も併せて開催します。どちらも参加は任意です。参加希望者は、下記日程のいずれかにご参加ください。参加希望日の当日12時までに「お問合わせ先」までご連絡ください。

[日程]
5月30日(水)18:30~20:00 会場 米子市文化ホール 研修室1
6月 3日(日)15:00~16:30 会場 米子コンベンションセンター 第3会議室

■お申込み・お問合せ先
鳥取県総合芸術文化祭実行委員会事務局 西部支局
(アルテプラザ/公益財団法人鳥取県文化振興財団西部事務所内)
〒683-8510 米子市西福原2-1-10(米子天満屋4階)
TEL:0859-38-5127 FAX:0859-38-5128 E-mail:seibu@torikenmin.jp


チラシ表(PDF) [pdf:679KB]
チラシ裏(PDF) [pdf:796KB]
応募用紙(PDF) [pdf:205KB]

~とりアート西部のこれまで~

<いつものまちで文化を見つけて>


とりアート西部はこれまで「いつものまちで文化する!」をコンセプトに、みなさんが暮らす身の回りの普段のまちで、普段の日常の中で、気軽に文化を体感できる環境づくりを目指して、さまざまな文化・芸術活動者のみなさんと、芸術文化祭を開催してきました。
近年は「もりアート、まちアート、うみアート、ここでアート」をスローガンに掲げ、鳥取県西部地域の様々な場所で実施しています。西部地域が持つ山から海の豊かな自然環境や生活の場と、そこで育まれてきた多様な伝統文化を共有しながら、身近な文化・芸術の表現・発表の場として、地域で暮らす方々が気軽に触れる機会を提供し、そして自らの”文化”を見つけてもらえるようにと願いを込めて企画しています。

<とりアートとは・・・>


しかし、まだ「とりアートとは何なのか?」と問われる場面もあります。最近では、県内でもステージに出演する機会が増え、ワークショップなどを体感するイベントも増えてきており、もう一度「とりアート」について考えていく時期となっています。
とりアート地区事業の目的は、「裾野の拡大」です。文化芸術に触れる機会を広く提供し、活動者の増加を図り、鑑賞の機会を提供することで、鑑賞者の育成と成長を図り、県全体での文化レベルの向上を目指す事業です。
また、とりアートの”メイン事業”では「頂点の伸長」を主目的としており、近年この事業は企画を公募制として、鳥取県民が発信する芸術性が高いプログラムを制作しています。

<とりアート西部のススメ方>


これまでは、単年度計画で実施しておりましたが、地区事業の主目的「裾野の拡大」のために”3年”を「中期」スパンとして計画します。1年目は広く多くの方が参加できるイベントとし、活動者と運営者の人材を育てることも目指します。2年目は”魅せる”イベントとして、前年度から準備を行い、創り上げるプロセスを活動者と運営者で共同で取り組みます。
この計画イメージを持って、今年はこどもと一緒に楽しめるプログラムを企画し、来年は、ちょっと大人のためのしっかり準備をした魅せるステージを盛り込んだプログラムを実施予定です。
なお、今年度の「ステージ部門」は「パフォーマンス部門」と呼称し、実施会場の特性を活かして、ストリートパフォーマンスのように、鑑賞者をより身近に、強いては一緒にパフォーマンスをするような企画を募集いたします。
「ステージ部門」については次年度事業で実施し、今夏7月辺りに早速、参加募集を行う予定にしています。今年度はみなさんの普段の活動を、ぜひ「パフォーマンス」部門としてご参加下さい!
「展示・ワークショップ部門」についても、こどもと一緒に楽しめる企画をお待ちしております!!

<いつものまちで文化を創る>


最後に、コンセプト、及びスローガンは引き続き継続し、今年は「まちアート」として開催します。来年は、昨年に引き続き「うみアート」として”海”を感じる場所で開催予定です。鳥取県西部は「海・まち・山(もり)」 が、思いついたそのときに体感できるくらいに近く、とても素晴らしい場所です。そして、そこには特有の文化が育まれています。ぜひ、その素敵な環境を感じながら、一緒に文化を創りましょう!


過去のとりアート西部地区イベントの様子はこちらをご覧ください。
とりアート西部 写真記録 http://www.toriart-west.com