トップページ > これからの事業 > とりアート2018メイン事業 オペラ公演「ヘンゼルとグレーテル」

とりアート2018メイン事業 オペラ公演「ヘンゼルとグレーテル」

とりアート2018メイン事業


 とりアート2018メイン事業は、グリム童話としても有名なドイツの作曲家・フンパーディングが作曲したオペラ「ヘンゼルとグレーテル」を上演します。
クリスマス・イブに大人も子どもも楽しめるオペラ公演をぜひお見逃しなく!


 

公演日:2018年12月24日(月・振替休日)
開演予定14:00
会 場:倉吉未来中心 大ホール
出 演:オーディションにより選ばれたソリスト
   寺内智子、中原美幸、堤智洋、鶴崎千晴、吉田貞美、松田千絵、尾前加寿子 ほか
料 金:一般(指定席・自由席)3,500円
学生(大学生以下)  1,500円
親子券(大人1名と中学生以下1名) 4,000円
    
<チケット情報>
 チケットは2018.9.1より県内下記のプレイガイドにて発売いたします。
○鳥取地区 とりぎん文化会館
○倉吉地区 倉吉未来中心・リフレプラザ
○米子地区 米子市文化ホール・アルテプラザ

なお、指定席等の電話申し込みは、下記の公演事務局のみとなります。
とりアートオペラ公演事務局 電話:0858-23-6095

★とりアートオペラ公演「ヘンゼルとグレーテル」については、
公演ページをご覧ください。http://tottori-opera.sakura.ne.jp/11.html